コスト削減にも

チラシ

オプション選択

通常、チラシ印刷後には新聞などの折込で使用される方が多いのですが、会員様に送るDMなどに封入して使用することも出来ます。そのような場合、オプションを選択することにより別途アルバイトを使うなどコストを使わずに仕上げることが可能です。チラシ印刷を行う場合、人気のオプションとして「折り加工」があります。折り加工は紙を様々な形に折ります。情報量そのままでコンパクトに仕上がります。サイズと用紙種類によって対応できる折り加工の種類が異なります。チラシ印刷のオプションで加工物として他に「角丸加工」(クレジットカードのように角を丸くする加工です。やわらかい印象になります)、「ミシン目加工」(ミシン目を入れます。必要なときに手で切り離すことができますのでチケットなどにどうぞ)、「孔開け加工」(印刷物に孔を開けます。パンチ孔の直径は3、4、5、6、8mmの5種類からお選びいただけます。2カ所までは同一料金で承ります)などがあります。チラシ印刷後と一緒に役に立つオプションとして「バーコード」(入稿データにバーコードを貼付けます。商品価格などの情報を添付することができます)、「宛名印字」(住所データをバリアブルに印字します)、「バリアブルテキスト印字」(文字や数字のデータをバリアブルに印字します。印字可能範囲内であれば同じ料金・納期で複数箇所への印字もできます)、「連番印字」(連続した数字を印字します。同じ料金・納期で2箇所までご指定いただけます)などがあるので使い方によってオプションを選択すると良いと思います。